湿気対策

ルンバ 550
詳細はコチラ >>> iRobot NEW ルンバ 550

除湿器が無くても湿気対策はできる

湿気というのは家はもちろんのこと、人の気分も害します。除湿機を駆使して除湿をするのが一番理に適っているのですが、エコロジーな生活を希望する人にピッタリの省エネ、節電効果を得ながら除湿できる手段もあります。

除湿で最も大切なことは一定時間ごとに換気をすることです。

窓を開けたり、扇風機を使うのも湿気を抑えるには有効な手段です。除湿機などを取り入れない除湿では、押入れに新聞紙を入れて除湿を行う手段はかなり人気です。

新聞紙と同じで、洗濯用洗剤を用いても押入れの除湿が行えます。

難しい手順はなく、洗濯用洗剤のふたをちょっとだけ切り押入れやクローゼットに置くだけで大丈夫です。

湿気を吸うことで洗濯用洗剤は固形化してしまいますが、洗濯に使うのには問題なくいつも通り洗濯に用いることができます。

洗濯洗剤を押入れなどに入れておくことで、除湿しつつ芳香剤の効果もあるので快適さが増すことでしょう。

他にも除湿効果が証明されているもので炭もよく知られています。備長炭や竹炭などを部屋にセットしておくことによっても、湿度を下げてくれる効果があります。見た目を気にするなら炭をかごなどに入れるなどすれば、すんなりと部屋の雰囲気にとけ込むでしょう。

掃除の時によく利用される重曹も除湿や消臭の効果があります。適当な大きさの容器に重曹を入れ、重曹がこぼれないように布巾などで覆って除湿を行いたい箇所にセットするだけです。重曹の除湿効果は3ヶ月〜6ヶ月程度なので時期を見て交換して、掃除などに使用してしまうのが望ましいでしょう。

除湿機がなくても、工夫すればエコロジーに快適な日々を送ることができるのです。

ハチミツ